山友汽船株式会社

会社沿革

旧山友汽船株式会社は、昭和32年5月山下汽船株式会社(昭和39年に新日本汽船(株)と合併し、山下新日本汽船株式会社となる)の専属出資会社として設立、その後同系会社の集約を重ね一時は600名余の乗組員を抱え十数隻の船舶を管理していました。しかし、山下新日本汽船(株)がジャパンライン(株)と合併しナビックスライン株式会社と商号変更した時点で解散しました。
解散後の平成3年3月25日、各方面の協力を得て、旧山友汽船の関係者が中心となり、内航船舶管理業務及び海事関係諸業務を営業種目として新たに山友海商株式会社を設立しました。
爾来、数隻の内航船を裸用船し、船舶貸渡業として船員配乗業務を行うとともに、保船管理、船用品販売、その他海事関係と業務を逐次拡大し、又ISMコードの認証を取得し安全管理の推進を図るなどをして基盤を築き、平成12年4月7日、旧”山友汽船”の社名を踏襲すべく、山友汽船株式会社と商号を変更しました。
現在は、貨物船”せどろす””第八日鋼丸””神島丸”を裸傭船し、加えて内航コンテナ船”ふたば”も管理し、一方、他船主の要請により多くの船種に船員を派遣しています。
また、平成24年オーストラリアでの現地法人SANYU-AUSに出資し、New Castleにおいて、海事活動を行っています。
その他、外航船長、機関長経験者による海務、工務の監督業務を行っています。
 沿革 平成8年1月31日  本店移転 中央区海岸通3丁目 KCCビル7Fとなる。
平成12年4月7日  商号変更
山友汽船株式会社とする。
平成17年6月20日 船員派遣事業取得(許可番号28号)
平成23年5月30日 本店移転 現在の場所となる。